Go to Contents Go to Navigation

BTSの入隊延期も可能に 与党議員が兵役法改正案を発議=韓国

記事一覧 2020.09.03 18:17

【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」の田溶冀(チョン・ヨンギ)国会議員は3日、米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で1位を獲得したBTS(防弾少年団)のように、国威発揚に貢献した大衆芸能のアーティストの兵役時期を遅らせるなどの内容を盛り込んだ兵役法改正案を代表発議した。

共に民主党の田溶冀議員(資料写真)=(聯合ニュース)

 改正案では文化体育観光部長官から国の国際的地位を高めたと認められた大衆芸能のアーティストは兵役の招集時期を延期することが可能になる。

 田氏は「兵役延期は免除や特例とは全く異なるもの」とし、兵役の時期と重なる20代に旺盛な活動をする職種についても入隊時期を延期できる選択肢が与えられなければならないと話した。

 また「今回の発議は文化体育観光部からの提案が先にあった」とし、ゲーム対戦競技「eスポーツ」の選手を対象に含めることも議論すると説明した。

 現行の兵役法では、クラシックなど伝統音楽分野のアーティストやスポーツ選手については、規定された成績を収めた場合、事実上の兵役免除措置が認められるが、大衆芸能のアーティストについては、客観的な基準が足りないなどの理由で認められておらず、兵役の公平性に対する疑問の声が上がっている。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。