Go to Contents Go to Navigation

コロナ国産薬確保へ150億円超 韓国の来年度予算案

記事一覧 2020.09.04 11:16

【世宗聯合ニュース】韓国政府は新型コロナウイルス感染症の国産治療薬とワクチンの開発、実用化を目標に、2021年度(1~12月)に1707億ウォン(約152億円)の予算を組んだ。企画財政部が4日、明らかにした。

新型コロナウイルスの治療薬・ワクチン研究が進められている(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 治療薬とワクチンの候補の特定に319億ウォン、非臨床試験に74億ウォンをそれぞれ投じる。続いて有効性と安全性を検証するため、治療薬候補の臨床試験に627億ウォン、ワクチン候補の臨床試験に687億ウォンを充てる。

 治療薬とワクチン開発を支援する一方で、感染症研究インフラの構築や疾病管理本部に所属する国立感染症研究所の装備拡充、ウイルス基礎研究所の新設など、感染症対応の基礎研究の強化に2000億ウォンを投資する計画だ。

 政府は来年度の研究開発(R&D)の全体予算を27兆2000億ウォンと、今年の24兆2000億ウォンから12.3%増額した。増加率は2020年度(18.0%)に続き2桁となる。

 中でも、▼感染症▼韓国版ニューディール▼素材・部品・装備(装置や設備)▼バイオヘルスと未来の自動車、システムLSI(大規模集積回路)の「BIG3」▼基礎・基幹研究▼人材養成――の重点6分野に、前年度比20.1%増の13兆2000億ウォンを振り向ける。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。