Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮住民の人権向上へ努力継続 韓国統一部

北朝鮮 2020.09.04 14:55

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の当局者は4日、記者団に対し、北朝鮮人権法の施行から4年を迎えたことについて、「北の住民の実質的な人権向上に向け多角的な努力を傾けている」と述べた。

2016年3月2日、北朝鮮人権法を可決した韓国国会=(聯合ニュース)

 北朝鮮人権法が死文化したとの指摘に関しては、「政府は法で規定している事項を忠実に履行するため努力している」と説明。北朝鮮内の人権状況の実態調査を続けていることや国連総会と人権理事会の北朝鮮人権決議に参加していること、北朝鮮人権関連の民間団体と協力していることを例に挙げた。

 また、北朝鮮人権財団の発足に向け、国会と協力する立場を示した。統一部の李仁栄(イ・イニョン)長官は国会の人事聴聞会で、同財団について、「長官になれば検討するが、国会で議論し、結論を出すことが先」との認識を示していた。

 北朝鮮人権法は2016年9月に発効した。北朝鮮当局による人権犯罪を体系的に記録して処罰の根拠とし、財団を通じて北朝鮮住民の人権向上に向けた事業を支援する内容が盛り込まれている。だが、財団は理事の構成が難航し、発足が遅れている。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。