Go to Contents Go to Navigation

現代自が欧州家電見本市IFAに初参加 エコモビリティー戦略提示 

記事一覧 2020.09.04 16:57

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は4日、ドイツ・ベルリンで3日(現地時間、以下も)に開幕した欧州最大の家電見本市「IFA2020」に初参加し、水素で走る燃料電池車(FCV)や電気自動車(EV)などのエコカー技術を基盤としたブランドビジョンを提示したと発表した。

7月にスイスへ輸出された燃料電池トラックのイメージ(現代・起亜自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 今年のIFAは新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンライン、オフラインの並行開催となり、現代はオンライン部門に参加。3日にはIFAのプログラムで「未来の燃料、水素社会に向かう道を開く」をテーマに燃料電池技術の潜在力について討論を行った。

 出席した同社研究開発本部のビアマン社長は「現代自動車はEVからFCVまで、さまざまなタイプのエコモビリティー(移動手段)が共存する未来を追求する。(二酸化)炭素を排出しないモビリティーエコシステム(生態系)を築くという未来戦略に基づき、あらゆる産業をひとつに連結する統合型エコモビリティーソリューションを提供していく」と語った。

 現代は4日のIFA記者会見に欧州圏域本部長が出席し、先端モビリティー企業にシフトするためのビジョンを紹介するとともに、EVブランド「アイオニック」の戦略を公開する。

 同社は今年4月、世界に先駆け大型燃料電池トラックの量産体制を整え、7月に10台をスイスへ輸出した。年内に40台を追加で輸出し、2025年までに計1600台を供給する。

 また先ごろ、EV専用プラットホーム(車台)を採用したEVブランドのアイオニックを公開。アイオニックブランドから24年までに3車種を発売する計画を発表した。

EVブランド「アイオニック」から発売予定の車のレンダリング画像(現代・起亜自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。