Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮核問題担当の韓日高官が電話会談 協力継続を確認

韓日関係 2020.09.04 18:30

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長は4日、日本外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長と電話会談を行い、朝鮮半島情勢について意見交換した。

昨年9月に米ニューヨークで3カ国協議を行った(左から)ビーガン氏、李度勲氏、滝崎成樹氏=(共同=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 外交部によると、北朝鮮核問題を担当する両氏は今後も核問題をはじめとする北朝鮮に関連する問題について、協力を続けることで一致した。

 また両氏は台風の被害を受けた北朝鮮の動向や、朝鮮労働党創建75周年の記念日(10月10日)に行われる見通しの閲兵式(軍事パレード)に関して意見交換したものとみられる。

 両氏の電話会談は今年4月以来。

 これに先立ち、李氏は今月2日に北朝鮮担当特別代表を兼ねるビーガン米国務副長官と電話会談を行った。両氏は南北対話、米朝対話を早急に再開することが重要との点で一致し、対話再開のための環境づくりなどについて協議した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。