Go to Contents Go to Navigation

ローマ教皇「平和と繁栄願う」 韓国にメッセージ

記事一覧 2020.09.06 14:05

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は6日、ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が朝鮮半島の平和と繁栄を願うメッセージを送ってきたと明らかにした。

2018年にバチカンで握手を交わす文大統領(左)とフランシスコ教皇=(聯合ニュース)

 フランシスコ教皇はメッセージで「文在寅(ムン・ジェイン)大統領と親愛なる韓国国民に平和と繁栄という贈り物が届くよう神に祈っている」と述べた。また、2018年にバチカン(ローマ法王庁)で文大統領と会談したことに触れたほか、韓国政府が北朝鮮との平和と和解のため努力を続けてほしいと求めた。

 メッセージはこのほど、駐韓ローマ教皇庁大使のアルフレッド・シュエレブ大司教がバチカンを訪問した際に、フランシスコ教皇が口頭で伝えたもの。韓国に戻ったシュエレブ大司教が青瓦台にメッセージを書簡で届けた。

 フランシスコ教皇はバチカンで文大統領と会談した際に「全世界と共に、朝鮮半島の平和のために祈る。公式の招待状が届けば、北朝鮮にも行ける」と述べている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。