Go to Contents Go to Navigation

サムスン 米国の5G市場に本格進出=ベライゾンと設備供給契約

経済 2020.09.07 11:15

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は7日、米携帯通信最大手のベライゾンと7兆9000億ウォン(約7080億円)規模のネットワーク設備長期供給契約を結んだと発表した。韓国の通信設備産業では過去最大規模の単一輸出契約となる。

5G(サムスン電子提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 契約に基づき、サムスン電子はベライゾンに次世代通信規格「5G」関連設備を含むネットワークソリューションを5年間供給し、設置と維持・補修を担う。

 今回の契約は、サムスン電子が米国の5G市場に本格進出したことを意味する。米国での成果を足掛かりに、欧州など他地域から追加受注する可能性も高い。

 同社は昨年、韓国国内の通信大手と共に世界初の5G商用化を実現させ、ベライゾン、AT&T、スプリント(現Tモバイル)の米通信大手3社に5G関連設備を供給する契約を結んだ。日本では通信大手KDDIと設備供給契約を締結した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。