Go to Contents Go to Navigation

新設の疾病管理庁トップに鄭銀敬氏 最前線でコロナ対応=韓国

記事一覧 2020.09.08 15:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、保健福祉部所属の疾病管理本部から格上げされ12日に発足する疾病管理庁のトップに鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理本部長(55)を起用した。

鄭銀敬氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 鄭氏は疾病管理本部の要職を歴任し、新型コロナウイルスの発生後は防疫の最前線で対応にあたっている。疾病管理庁長への抜てきは新型コロナウイルスの防疫を担当してきた鄭氏を信任し、継続性を持って新型コロナウイルスに対応してもらう狙いがあるとみられる。

 一方、保健福祉部に新設する保健担当の第2次官には姜都泰(カン・ドテ)同部企画調整室長(51)を充てた。青瓦台(大統領府)は「保健医療分野の専門性強化と国民・医療界との円滑な意思疎通を通じ、保健医療関連の懸案を賢明に解決していく役割を担う」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。