Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 党中央軍事委会議を主宰=台風被害の復旧に軍動員へ

北朝鮮 2020.09.09 08:41

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が8日、党中央軍事委員会の拡大会議を主宰し、台風9号の影響で大きな被害が出た北東部の咸鏡南道・検徳地区などの状況を確認するとともに復旧対策を議論した。朝鮮中央通信が9日、報じた。

朝鮮労働党機関紙、労働新聞が報じた党中央軍事委員会の拡大会議の様子(同紙HPより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 通信によると、検徳鉱業連合企業所などで住宅約2000戸や数十棟の建物が損壊・浸水の被害に遭った。また、45カ所・計6万メートルの道路が流失し、59の橋が切断、31カ所・計約3500メートルの区間の鉄路路盤と2カ所・計約1130メートルのレールが流失するなど、「交通が完全にまひする非常事態に直面した」という。

 検徳は北朝鮮の代表的な鉛と亜鉛の産地だ。

 また、金委員長が被害状況と復旧建設規模を検討したとして、「復旧建設を再び人民軍隊に委任することにした」と伝え、軍を動員して復旧に乗り出す計画を明らかにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。