Go to Contents Go to Navigation

韓米の安保担当高官が電話会談 非核化やコロナ対策協議

記事一覧 2020.09.09 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は9日、徐薫(ソ・フン)国家安保室長が同日午前にオブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と電話会談し、韓国政府の「朝鮮半島平和プロセス」や新型コロナウイルス対策などでの協力策を協議したと明らかにした。7月の徐氏就任後、オブライエン氏との電話会談は初めて。

徐国家安保室長(中央、資料写真)=(聯合ニュース)

 青瓦台は「両者は共通の価値を共有する韓米同盟について、確固たる意思を再確認した」と説明。さらに、「この先数カ月が朝鮮半島の非核化と平和プロセスの進展への重要な時期という認識で一致し、これに関し多様な推進案を引き続き協議することにした」と伝えた。

 新型コロナウイルスへの対応では、両国が幅広い分野で連携していることを評価した上で、収束に向けて緊密に協力していくことを申し合わせたという。早期に直接会って協議することでも一致した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。