Go to Contents Go to Navigation

文大統領 与党執行部と懇談=「協力の政治」強調

記事一覧 2020.09.09 14:31

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日、李洛淵(イ・ナギョン)代表ら与党「共に民主党」の新執行部を青瓦台(大統領府)に招いて懇談会を開き、「今は国家的に極めて危うく、経済と国民の生活も厳しい状況のため、いつにも増して協治(協力の政治)が重要」とし、「与野党の協治、政府と国会の協治を今ほど国民が求めたことはなかった」と述べた。

懇談会で発言する文大統領=9日、ソウル(聯合ニュース)

 また、「政府と国会、与野党の協治が一層発展していくことを望み、与党が主役になって触媒の役割を果たすことを望む」とし、「政府も最善の努力を尽くす」との姿勢を示した。

 新型コロナウイルスの再拡大による自営業者やサービス業従事者らの経済的打撃に言及しながら、「国民の生活が崩れる姿が垣間見え、心が痛む」と吐露。与党と政府が緊密に連携する必要があると強調した。

 現在の与党と政府の関係に関しては「ファンタスティックといえるほど良い関係」と評した。

 その上で、10日の非常経済会議で今年4回目の補正予算案と緊急支援策などをまとめるとして、「与党と政府が同じ気持ちで臨めば国民に希望となり、国難克服に向けた最も早い近道となる」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。