Go to Contents Go to Navigation

韓国のYGエンタ創業者 初公判で起訴内容認める=海外で賭博

芸能・スポーツ 2020.09.09 15:50

【ソウル聯合ニュース】海外で多額の賭博を行ったとして賭博罪で起訴された韓国大手芸能事務所YGエンターテインメントの創業者、梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)前代表プロデューサーの初公判が9日、ソウル西部地裁で開かれ、梁氏の弁護人は「起訴事実をすべて認める」と述べた。

出廷する梁氏=9日、ソウル(聯合ニュース)

 YGエンターテインメントにはBIGBANG(ビッグバン)、BLACKPINK(ブラックピンク)らが所属している。

 梁氏は2016年から19年にかけ、米ラスベガスのカジノで約20回にわたり、総額4億ウォン(約3560万円)相当の賭博を行った罪に問われている。

 当初、検察は略式起訴したが、地裁は書面の審理だけで判断するのは不適切として、正式裁判を開くことにした。

 地裁に到着した梁氏は記者団の質問に答えなかった。公判終了後も記者団の取材には応じず、地裁を後にした。

 次回公判は10月28日に開かれる。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。