Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(9月11日)

社会・文化 2020.09.11 10:00

◇首都圏のコロナ防疫強化措置再延長か 政府が苦悩

 韓国で新型コロナウイルスの1日当たりの新規感染者数が8日連続で100人台となり、政府は首都圏で「社会的距離の確保」のレベルを最高の第3段階に近い「2.5段階」に強化した防疫措置を再延長するか苦悩を重ねている。先月末の400人台に比べると拡大傾向は収まっているが、2桁台までは下がっておらず、決定は容易ではない雰囲気だ。政府は当初「新規感染者数100人以下」を目標に首都圏の防疫措置を強化したが、9、10両日にも150人台を記録するなど、期待したほどの効果は現れていない。

立ち入り禁止のテープが張られた京畿道高陽市の公共施設(資料写真)=(聯合ニュース)

◇南部・統営沖で船舶火災 60人全員救助

 11日未明、韓国南部の統営沖の海上でケーブル敷設船(6239トン)で火災が発生した。船には韓国人49人とベトナム人10人、イタリア人1人の計60人が乗っていた。火災を受け、数百メートル離れた海上にいたえい航船が現場に駆けつけ、60人全員はえい航船に移動し救助された。

◇事実上白紙のアシアナ航空売却 きょう結論

 事実上、白紙になった建設大手のHDC現代産業開発による航空大手、アシアナ航空の買収の結論が11日に出る見通しだ。金融関係者によると、基幹産業安定基金の運用審議会はこの日午後に会議を開き、アシアナ航空の支援策を議論する。現代産業開発が昨年11月に優先交渉対象者に選ばれたことで始まった合併・買収(M&A)の手続きは、不発のまま10カ月で終了するものとみられる。

◇上半期の航空燃料消費4割減 下半期も暗雲

 韓国石油公社が公表した資料によると、今年上半期(1~6月)の国内での石油製品消費量は前年同期比約3%減少した。新型コロナウイルスの影響により輸送部門で石油製品の需要減少が目立ち、航空燃料の消費量は40%急減した。石油公社は、新型コロナの感染再拡大で下半期にも消費減少が懸念されるが、輸送以外の他の産業部門でも根強い需要があったとして危機克服に期待を示した。

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。