Go to Contents Go to Navigation

文大統領 新設の疾病管理庁トップに任命状授与 

記事一覧 2020.09.11 11:48

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、保健福祉部所属の疾病管理本部から格上げされ12日に発足する疾病管理庁のトップを務める鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理本部長に任命状を授与するため、中部・忠清北道清州市の疾病管理本部緊急状況センターを訪れた。

鄭氏(左)に任命状を授与する文大統領=11日、清州(聯合ニュース)

 文在寅政権発足後、大統領が長官・次官に対して青瓦台(大統領府)以外で任命状を授与したのは今回が初めて。次官級に大統領自らが任命状を手渡すのも異例だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大で緊迫した状況において総指揮官にあたる新任庁長が青瓦台まで移動する手間を省くとともに、新たに発足する疾病管理庁の職員らの士気高揚のためにも大統領が現場を訪れる必要があると判断したようだ。

 通常、任命状の授与式には新任機関長の家族が出席するが、鄭氏は同僚らと出席した点も注目される。

 文大統領は鄭氏に任命状を授与した後、花束と「健康な国民、安全な社会」と刻まれた記念の盾を渡した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。