Go to Contents Go to Navigation

首都圏のコロナ防疫強化措置 再延長是非を週末に判断=韓国政府

社会・文化 2020.09.11 14:31

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は、新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて首都圏で防疫措置「社会的距離の確保」のレベルを最高の第3段階に近い「2.5段階」に強化していることに関し、同措置を再延長するかどうかを今週末のうちに判断する。政府の中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長が11日の会見で伝えた。2.5段階措置を再延長するか終了するか、あるいは別の防疫対策を取るかについて、あと1~2日ほど全力で議論し、専門家の意見を聞くとしている。

感染拡大防止のため、遊具の使用が禁止されたソウル市内の公園(資料写真)=(聯合ニュース)

 政府は8月30日から首都圏での防疫措置のレベルを事実上の2.5段階に引き上げ、今月6日だった同措置の期限を13日までに1週間延長した。同措置により、首都圏の一般飲食店では午後9時から翌日午前5時までは持ち帰り・出前営業のみ認められ、フランチャイズチェーンのカフェなどでは営業時間を問わず店内での飲食が禁止された。スポーツジムやプール、ビリヤード場など屋内スポーツ施設は運営中止となった。

 国内での1日あたりの新規感染者数はこのところ100人台を維持しているものの、急速に減ってはいない。尹氏は「集団感染が散発的に続いており、患者の減少傾向が停滞しているため、まだ安心する状況ではない」と述べた。

tnak51@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。