Go to Contents Go to Navigation

無料Wi-Fiの構築・品質向上事業が本格化 年内完了目指す=韓国

記事一覧 2020.09.11 19:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の科学技術情報通信部は11日、住民センターや図書館など公共の場に無料Wi-Fi(ワイファイ)スポット1万カ所を新規構築する事業と、老朽化したWi-Fi設備1万8000カ所の品質向上事業に関する着手報告会を開いたと発表した。政府は両事業の年内完了を目指す。

ソウル市内に設置された無料Wi-Fiの設備(資料写真)=(聯合ニュース)

 公共の場へのWi-Fi構築事業は通信大手のKT、老朽化したWi-Fi設備の品質向上事業はSKテレコムとKT、LGユープラスの通信大手3社がそれぞれ手掛ける。

 この日の報告会では、通信各社が16市・道の自治体と詳細な事業推進方向を共有し、年内の事業完了に向けた方策を話し合った。

 科学技術情報通信部のネットワーク政策室長は「公共Wi-Fi事業は、国民が『非対面時代』に無料データ通信を存分に利用できるようインフラを整備するもの。通信各社が責任感を持ち、年内に滞りなく事業を行ってほしい」と述べた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。