Go to Contents Go to Navigation

売上高上位100社の88%が在宅勤務実施 効率にも概ね満足=韓国

経済 2020.09.13 16:03

【ソウル聯合ニュース】経営者団体の韓国経営者総協会が国内の売上高上位100社(昨年基準)を対象に在宅勤務に関する調査を実施したところ、回答した69社のうち88.4%が新型コロナウイルスの感染拡大を受け在宅勤務を実施していると答えた。また2.9%は今後の実施を予定しているとした。

韓国でも在宅勤務が広がっている=(聯合ニュースTV)

 在宅勤務を実施していないか、実施する予定がないと答えたのは8.7%だった。ただ、このうち一部は防疫措置「社会的距離の確保」のレベルが最高の第3段階に強化されれば、実施を検討すると答えた。

 在宅勤務の生産性(効率)に関する質問については、事務職の46.8%が通常勤務と比べ生産性が90%以上と評価。25.5%が80~89%とし、17.0%が70~79%と答えた。生産性は70%未満と答えたのは10.6%にすぎなかった。

 経営者総協会は、大企業ではITプログラムや業務・成果システムによって生産性に支障が出ないよう管理されているようだと説明した。

 在宅勤務を実施している企業の77.6%が生産性の低下を防ぐための協業ルールのほか、リモートワークを行う社員との意思疎通をスムーズに行うツールなどITプログラムの活用を増やしていると答えた。

 新型コロナウイルスが沈静化した後も在宅勤務を実施する企業は増える見通しだ。コロナ禍前よりも在宅勤務の利用が増えると答えた企業は全体の53.2%で、以前と同じように戻ると答えた企業(33.9%)を上回った。

sarangni@yna.co.kr

最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。