Go to Contents Go to Navigation

WTO次期事務局長選の韓国候補 米国でも支持訴えへ

記事一覧 2020.09.14 11:00

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部によると、世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選挙に立候補している同部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が15日に米国へ出発し、18日まで米政府と産業界の関係者、専門家と協議する予定だ。同部関係者は14日、「WTO事務局長を選出するための1回目の協議が終わるタイミングで、WTOの主要課題と韓米間の懸案を米国側と議論する目的で訪米する」と説明した。

韓国からWTO次期事務局長に名乗りを上げた兪氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 WTO次期事務局長の選出に向けては、加盟国の支持の度合いから候補8人を5人に絞り込む協議が7日から行われている。協議は16日までで、結果は来週発表される。

 兪氏はこの1回目協議に合わせ、WTO本部があるスイス・ジュネーブ、続いてフランス・パリを訪れて支持を呼び掛け、このほど帰国した。候補に残れば、2回目協議に向けて支持取り付けに動くことになる。

 追って日程を発表する2回目協議では候補を2人に絞る。続く最終協議により、11月初旬には次期事務局長が決まる見通しだ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。