Go to Contents Go to Navigation

韓国・疾病管理庁が発足 年内にコロナの治療薬・来年にワクチン確保目指す

社会・文化 2020.09.14 11:09

【ソウル聯合ニュース】韓国の疾病管理庁は14日、中部の五松で庁に格上げされたことを記念する式典を開き、年内に新型コロナウイルスの国産治療薬確保、来年までに国産のワクチン確保との目標を掲げた。

「疾病管理本部」から「疾病管理庁」に取り換えられた看板=11日、清州(聯合ニュース)

 トップを務める鄭銀敬(チョン・ウンギョン)庁長は「厳しい時期に初代庁長に任じられ、重い使命感を感じる」として、「国民の信頼と期待に応じ、新型コロナウイルスの克服を最優先課題として推進する」と強調。「感染症から慢性疾患まで、国民の健康と安全全般を守る専門的かつ革新的な機関として成長させる」と表明した。

 同庁は保健福祉部所属の疾病管理本部から独立機関に格上げされ、12日に正式発足した。職員は907人から1476人に増員された。傘下には国立保健研究院や国立感染症研究所、国立検疫所などを置く。

 中央と地方自治体の疫学調査官を増員し、教育を強化するなど、新型コロナウイルスの感染拡大防止を最優先課題に掲げる。

 国立感染症研究所を新設し、年内に新型コロナウイルスの国産治療薬を確保し、来年までのワクチン開発を目指すなど、ワクチンの開発支援と感染症全般に関する研究開発システムを構築する。

 また、感染症だけではなく、慢性疾患や気候変動など日常の健康問題や希少疾患などについても予防・管理を強化する方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。