Go to Contents Go to Navigation

「米が北に核80発検討」は誤訳? 韓国大統領府「全文確認を」

記事一覧 2020.09.15 14:39

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は15日、トランプ米政権の内幕を描いたとする米著名記者ボブ・ウッドワード氏の新著の内容に関し、2017年に北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の「火星14」を発射した後、米国が核兵器80発での対応を検討したと一部メディアが報じたことについて、「誤訳」との立場を示した。

北朝鮮が2017年7月に発射した「火星14」=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 青瓦台関係者は、米国が核兵器80発での対応を検討したのではなく、「80発の核兵器を持つ北朝鮮への対応を検討した」とする解釈について記者団に立場を問われ、「(その部分は)誤訳されたものと承知している」と答えた。

 青瓦台は「米国が核兵器80発を持つ北朝鮮への対応を検討した」というのが正しい解釈だと捉えていることを伝えた格好だ。

 前日、青瓦台の高官は記者団に対し、「外国のジャーナリストの著作物に青瓦台が言及するのは適切でない」と即答を避けながらも、「核兵器の使用はわれわれの(対北朝鮮の)作戦計画になく、朝鮮半島内での軍事力の使用は韓国の同意なしには不可能だ」と強調していた。

 関係者が「誤訳」としたことに対し、青瓦台はその後、記者団に宛てたメッセージで「全文が出版されたら確認してほしい」と訂正した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。