Go to Contents Go to Navigation

仁川―武漢線が8カ月ぶり再開へ 韓中当局がLCCに運航許可

経済 2020.09.15 15:33

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大を受けて停止されていた韓国・仁川(ソウル)と中国・武漢を結ぶ航空路線の運航が、8カ月ぶりに再開される。

ティーウェイ航空の旅客機(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国国土交通部は15日までに、韓国格安航空会社(LCC)のティーウェイ航空の仁川―武漢線運航を許可した。ティーウェイ航空は中国の当局からも運航許可を得ており、16日から同路線を週1往復運航する予定だ。

 仁川―武漢線は韓国と中国の航空大手、大韓航空と中国南方航空がそれぞれ週4往復運航していたが、武漢が発生地とされる新型コロナの感染急拡大を受け、国土交通部は1月23日以降の定期便運航を全面的に禁止した。今年1月21日から同路線を運航する予定だったティーウェイ航空も、就航を先送りしていた。

 国土交通部の関係者は「工業都市の武漢は韓中のビジネス客の往来が多く、路線の運航再開を求める声が強かった。より多くの国際線の運航が再開されるよう後押ししていきたい」と話している。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。