Go to Contents Go to Navigation

正しいマスク着用でコロナ予防を 韓国保健公団がキャンペーン拡大

記事一覧 2020.09.15 19:35

【ソウル聯合ニュース】韓国国民健康保健公団は15日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため正しいマスクの着用法を案内するキャンペーンを拡大すると伝えた。

正しいマスクの着用法を案内するステッカー(国民健康保険公団提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 大韓病院協会と協約を結び、全国3457カ所の病院に正しいマスクの着用法を案内するステッカーを貼るという。

 また各地方自治体と協力し、バスや公衆トイレなどにもステッカーを貼る計画だ。

 公団はこれとは別に、正しいマスクの使い方を伝えるために製作した映像を14日から公団のユーチューブチャンネルで公開したほか、7日からは日刊紙などに「鼻と口を覆わなければマスクをしていないのと同じです」という内容の広告を掲載している。

 公団の金容益(キム・ヨンイク)理事長は「現時点で、新型コロナに対する最も優れたワクチンは正しくマスクを着用すること」とし、「感染拡大を防ぐために防疫当局と緊密な協力体制を整えて後押しする」と話した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。