Go to Contents Go to Navigation

韓国統一相 平壌に政府代表部の設置を構想=核問題解決が前提

政治 2020.09.15 19:40

【ソウル聯合ニュース】韓国の李仁栄(イ・イニョン)統一部長官は15日、南北経済協力拡大のため、北朝鮮・開城や北朝鮮内の中国との国境地域などに南北連絡事務所や韓国貿易代表部を設置する構想を明らかにした。

国会の対政府質疑で答弁する李仁栄統一部長官=15日、ソウル(聯合ニュース)

 李氏はこの日行われた国会の対政府質疑で、北朝鮮の核問題が解決された後、国際社会の同意を得て南北交流が再開されれば、開城工業団地のような施設をほかの場所にも作る意向があるとした上で、平壌に大使館と同じ意味を持つ代表部を、開城、新義州、羅津、先鋒などの地域には連絡所や貿易代表部などを設置したいと話した。

 また「南北関係が一層緊密かつ深く形成され発展すれば良いと考える」と述べた。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。