Go to Contents Go to Navigation

現代自 水素燃料電池を初輸出=事業拡大へ

経済 2020.09.16 06:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車が水素燃料電池を初めて輸出し、自動車産業以外の分野に事業領域を拡大する。

現代自動車の水素燃料電池システム=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現代は16日、スイスのGRZテクノロジーズと欧州のエネルギーソリューション・スタートアップ企業に水素燃料電池システム4基を輸出したと明らかにした。

 同社が水素燃料電池システムを輸出するのは初めて。7月に産業通商資源部が国の重要技術に指定された同システムの輸出を承認したことで実現した。

 水素燃料電池は水素燃料電池車(FCV)の価格の半分程度を占める重要部品で、今回輸出されたのは、同社のFCV「ネクソ」で使われる水素燃料電池。非常時に電力を供給する移動式のエコ発電機の開発に使われる予定だ。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。