Go to Contents Go to Navigation

起亜自動車 27年までにEV7モデル発売=事業転換を加速

記事一覧 2020.09.16 14:05

【ソウル聯合ニュース】韓国の起亜自動車は16日、宋虎声(ソン・ホソン)社長が先ごろソウル近郊の華城工場を訪れ、今後発売される電気自動車(EV)専用モデルのイメージスケッチを公開するともに、同社のグローバル戦略の方向性を提示したと明らかにした。事業体制の転換を加速させて世界的なEVの需要増に積極的に対応し、市場をリードするブランドを構築するための動きとみられる。

27年までの発売を予定しているEV専用モデルについて説明する宋虎声社長(起亜自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 宋氏は、EV中心の事業戦略を基盤に、29年にはグローバル市場でEVの販売割合を25%まで引き上げる計画だと述べた。このために、25年までに計11モデルのEVラインナップを構築。韓国と北米、欧州などの先進国市場でEVの販売割合を20%まで拡大する。また、イメージを公開した7モデルは27年までに順次発売する計画だ。

 同社のEVは新たなデザインアイデンティティーを適用し、セダンからスポーツタイプ多目的車(SUV)まで幅広く網羅するのが特徴だ。

 来年に発売を控える「CV」(プロジェクト名)は、起亜自動車が蓄積した技術力と先端技術を基に開発された初のEV専用モデルで、同社最大規模の拠点である華城工場で生産される予定だという。

 一方、起亜自動車は1月に「EVとモビリティーソリューションへの転換」という中長期の未来戦略を公開するとともに、国内外で販売店や充電施設などEV専用サービスインフラの構築拡大に乗り出す計画を発表した。

 このほか、戦略的提携により充電インフラを確保し、政府・地方自治体の公用車のEVへの切り替えなど、幅広い分野で協業や提携を拡大していく計画だ。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。