Go to Contents Go to Navigation

韓国国防相候補「北、軍事合意守ろうと努力」

記事一覧 2020.09.16 21:04

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部長官に指名された徐旭(ソ・ウク)陸軍参謀総長は16日に開かれた国会国防委員会の人事聴聞会で、北朝鮮が2018年の南北軍事合意を守るためにおおむね努力していると評価した。

人事聴聞会で関係者と話す徐旭氏(左)=16日、ソウル(聯合ニュース)

 これは李仁栄(イ・イニョン)統一部長官がこの日、北朝鮮との軍事境界線がある板門店で述べた「北側もそれなりに合意を順守しようとする意思がある」との見解と一致する。

 北朝鮮・平壌での南北首脳会談に合わせて締結された軍事合意には、敵対行為の中止も含まれる。徐氏は北朝鮮軍が境界地域で海岸砲の砲門を開放したことについては、南北間の軍事対話で湿気対策など管理の必要性があることを聞いたと振り返った上で、「果たしてこれを南北軍事合意違反とみなすべきなのか」と話した。

 また「南北間の対話はやや断絶したが、地上、海上、空中で南北軍事合意が守られているものと承知している」との見解を示した。

 徐氏はこれに先立って提出した答弁書でも北朝鮮が開城の南北共同連絡事務所を爆破したことについて、軍事合意違反ではないとの立場を示している。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。