Go to Contents Go to Navigation

現代自動車の新型「ツーソン」 事前契約が初日1万台突破=SUVで初

経済 2020.09.17 11:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は17日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「ツーソン」の新型モデルの事前契約台数が初日の16日に1万842台になったと発表した。

「ツーソン」の新型モデル(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社のモデルのうち、事前契約初日に1万台を超えたのは大型セダン「グレンジャー」(1万7294台)と小型セダン「アバンテ」(1万58台)に続く3モデル目で、SUVでは初めてとなる。

 新型モデルは5年ぶりのフルモデルチェンジとなる4代目。スポーティーなデザインや広くなった室内スペース、新しいパワートレインで向上された動力性能と低燃費などが特徴だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。