Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(9月17日)

社会・文化 2020.09.17 18:00

◇新規コロナ感染者153人 首都圏中心に拡大続く

 韓国の中央防疫対策本部は17日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から153人増え、計2万2657人になったと発表した。市中感染が145人、海外からの入国者の感染が8人だった。死者は前日から5人増え計372人、重症以上の患者数は前日と同じ160人。首都圏を中心に感染拡大傾向が続いている。新規の市中感染者の数は15日まで3日連続で90人台だったが、16日(105人)に続き2日連続で100人を超えた。

新型コロナ感染者の搬送訓練を行う大邱消防安全本部の消防隊員=(聯合ニュース)

◇首都圏の防疫措置緩和 影響は来週に

 防疫当局は新型コロナウイルスの1日当たりの感染者数が100人台半ばに増加したことに関連し、毎日の新規感染者数の上下動はあり得るが、近ごろの推移をみると全般的に減少傾向を示していると説明した。政府の中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長は、14日に首都圏での「社会的距離の確保」のレベルが最高の第3段階に近い「2.5段階」から第2段階に引き下げられたことに関連し、マイナスの影響があるとすれば来週中に表れるとの見方を示した。

◇丁首相が菅新首相に書簡 対話と協力強化呼びかけ

 国務総理室は、丁世均(チョン・セギュン)首相が16日に菅義偉新首相に首相就任を祝う書簡を送り、両国の協力強化への意志を伝えたと発表した。丁氏は書簡で「新たな時代にふさわしい未来志向的な韓日関係の発展のため、両国が対話と協力を強化しよう」と呼びかけた。

◇保健相 インフル予防接種「国民の6割で十分」

 朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官は、最大野党「国民の力」が全国民にインフルエンザの予防接種を行うべきだと主張していることに対し「医学的にも数値的にも議論する必要がない」と述べた。朴氏は国会保健福祉委員会に出席し、全国民の6割に接種できるワクチンを確保したと述べた上で、これだけの量があれば十分だというのが専門家に共通する意見だと強調した。

◇LG化学 バッテリー事業の分社決定

 LG化学は緊急取締役会を開催し、電気自動車(EV)向けで世界1位のバッテリー事業の分割案を議決したと発表した。来月30日に開く臨時株主総会での承認を経て、バッテリー事業を専門に手掛ける新設法人「LGエナジーソリューション」(仮称)を12月1日に正式に発足させる予定だ。LG化学は今回の会社分割について「バッテリー産業の急速な成長とEV向けバッテリー分野の構造的な利益創出が本格化している現時点が、会社分割の適期だと判断した」と説明した。

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。