Go to Contents Go to Navigation

LG化学がバッテリー事業の分社決定 12月に新法人発足

経済 2020.09.17 15:12

【ソウル聯合ニュース】韓国化学大手のLG化学が、電気自動車(EV)向けで世界シェア1位のバッテリー(電池)事業を分社化する。

LG化学のロゴ=(聯合ニュース)

 LG化学は、17日に緊急の取締役会を開き、自社の電池事業部の分割案を議決したと発表した。来月30日に開く臨時株主総会での承認を経て、バッテリー事業を専門に手掛ける新設法人「LGエナジーソリューション」(仮称)を12月1日に正式に発足させる予定だ。

 LG化学が分割されるバッテリー新設法人の発行済み株式総数を保有する物的分割で、LG化学が非上場新設法人の株式の100%を持つことになる。

 LG化学は今回の会社分割について「バッテリー産業の急速な成長とEV向けバッテリー分野の構造的な利益創出が本格化している現時点が、会社分割の適期だと判断した」と説明。その上で、「会社分割によって専門事業分野に集中することができ、経営の効率も一段と高まるため、企業価値と株主価値を向上させられるだろう」と期待を示した。

 LG化学は、新設法人をバッテリーを中心とする世界トップのエネルギーソリューション企業に育成する計画だ。2024年に30兆ウォン(約2兆7000億円)以上の売上高を目指す。新設法人の新規株式公開(IPO)時期は未定で、今後継続して検討していく予定だという。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。