Go to Contents Go to Navigation

DMZ国際ドキュメンタリー映画祭が開幕 一般観覧なし=韓国

記事一覧 2020.09.17 21:07

【坡州聯合ニュース】北朝鮮との軍事境界線に近い韓国北部・京畿道の坡州市で17日、「第12回DMZ(非武装地帯)国際ドキュメンタリー映画祭」が開幕した。24日まで。

19年の開幕式の様子=(聯合ニュース)

 33カ国・地域から出品された122作品が坡州市に隣接する京畿道高陽市のシネマコンプレックス(複合映画館)「メガボックス白石」で上映される。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般観覧はなく、審査委員と作品関係者だけが参加する。

 一般観覧客はユーチューブの同映画祭公式チャンネルや、映画祭の公式ホームページ(dmzdocs.com)で一部のオンラインコンテンツの視聴ができる。

 閉幕式は例年よりも規模が縮小され、最終日となる24日の午後7時からメガボックス白石で7部門16作品に対する授賞式が行われる。

 俳優ソンフンが司会を務めた開幕式はインターネットサービス大手NAVER(ネイバー)の映像配信サービス「NAVER TV」で中継され、コロナ感染拡大防止のため、会場には一部の招待客のみが出席した。

 開幕式ではオープニング作品としてキム・ジョンイン監督の「学校に行く道」(原題)が上映された。同作はソウル市内に障害者のための学校を設立する過程で起きた、障害を持った子どもの保護者と、地域住民の葛藤を扱った。

 映画祭組織委員長の李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事は映像メッセージで、「(北朝鮮との)境界に隣接した地域を含む京畿道は平和の大切さを最初に、最も強く体感する地域」とし、「映画祭を通じ、対立と葛藤の象徴であるDMZを平和、交流、生命の空間にするための努力が続くことを願う」と話した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。