Go to Contents Go to Navigation

ソウル市が教会牧師に賠償請求 「疫学調査妨害でコロナ再拡大」

社会・文化 2020.09.18 13:43

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は18日、多数の新型コロナウイルス感染者を出した「サラン第一教会」(ソウル市城北区)の全光フン(チョン・グァンフン)牧師を相手取り、46億2000万ウォン(約4億1600万円)の損害賠償請求訴訟を起こすことを明らかにした。同日午後、ソウル中央地裁に訴状を提出する。

サラン第一教会の全牧師(資料写真)=(聯合ニュース)

 ソウル市は「サラン第一教会と全光フン牧師の疫学調査拒否・妨害や虚偽資料の提出など感染症予防法に違反する行為により、首都圏をはじめ、全国的に新型コロナウイルス感染が再拡大した」と提訴の理由を説明した。

 市の損害額は▼感染者の治療費のうち市の負担分▼自主隔離者の生活支援費▼隔離者が過ごす施設の運営費▼公営バスの利用者数減少に伴う損失――などから算出した。

 これに先立ち、市は先月16日、全牧師を感染症予防法の疑いで告発した。警察が捜査を進めている。

mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。