Go to Contents Go to Navigation

文大統領 南北対話「あきらめない」=仏教指導者と会合

記事一覧 2020.09.18 14:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、青瓦台(大統領府)で開いた仏教界の指導者らとの会合で、南北首脳会談での「平壌共同宣言」から19日で丸2年になることに触れ、「(南北)対話に対する希望を諦めなければ、われわれは必ず平和と統一の道に進む」と述べた。

会合で発言する文大統領=18日、ソウル(聯合ニュース)

 また、「全世界でコロナとの闘いは終わりの分からない長期戦になっている。仏教界が国民の大きな勇気と力になってほしい」とし、新型コロナウイルスの克服に向けた仏教界の協力を要請した。

 出席者を代表してあいさつした大韓仏教曹渓宗の円行(ウォンヘン)総務院長は「世界の平和と国民の健康、コロナの終息まで祈りをとめない」と語った。

 会合には仏教界の指導者13人が出席した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。