Go to Contents Go to Navigation

「中秋節に帰省」は16% コロナ影響し1989年以降で最低=韓国

社会・文化 2020.09.18 15:16

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大傾向が続く中、韓国国民の8割以上は秋夕(中秋節)の連休(9月30~10月4日)中の帰省や旅行を計画していないことが18日、分かった。

韓国ギャラップの調査によると、秋夕の連休に帰省する国民は16%にとどまった=(聯合ニュースTV)

 世論調査会社の韓国ギャラップが15~17日に全国の18歳以上の国民1000人を対象に実施した調査の結果、81%が連休中に1泊以上の帰省や旅行の計画がないと答えた。

 1泊以上の帰省を計画しているとの回答は16%にとどまり、1泊以上の旅行を計画しているとの回答はわずか1%だった。

 韓国ギャラップは「1泊以上の帰省を計画しているという回答は1989年以降、調査するたびに30%を超えたが今年は例年の半分に満たなかった」と説明した。

hjc@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。