Go to Contents Go to Navigation

20日から礼拝施設の人数制限緩和 政府と宗教界が方針=韓国

記事一覧 2020.09.18 15:08

【ソウル聯合ニュース】韓国政府と宗教界が20日から首都圏の教会施設の座席が300席以上の場合、入場を認める人数を現行の20人未満から50人未満に増やす方針を固めたことが18日、分かった。ただ、原則的に対面での礼拝は認めない。

13日、ソウルにある世界最大のプロテスタント教会、汝矣島純福音教会の日曜礼拝がオンラインで行われている(同教会提供)=(聯合ニュース)

 政府と七つの教団でつくる新型コロナウイルス対応協議体がこうした方針をまとめたようだ。首都圏にある300席未満の礼拝施設には現行通り20人未満だけが入場できる。

 緩和された方針は首都圏の教会約2万4700カ所のうち、10~20%に適用されるとみられる。

 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大の状況次第では方針が再び強化される可能性もある。

 韓国政府は先月中旬、新型コロナウイルスが再び拡大したことを受け、ソウル市と京畿道、仁川市の首都圏にある教会に対し、非対面礼拝だけを認める措置を取った。

 宗教界ではこの措置を解除するよう求めたが、受け入れられなかったという。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。