Go to Contents Go to Navigation

コロナでカカオトークの送受信45%増 祝い金のモバイル送金も急増=韓国

記事一覧 2020.09.20 13:37

【ソウル聯合ニュース】韓国IT大手のカカオが20日発表した「カカオコロナ白書」によると、新型コロナウイルスの感染拡大以降、コミュニケーションアプリ「カカオトーク」をはじめとする同社の主要サービスの利用量が軒並み急増した。

カカオトークのメッセージ送受信量が急増した(資料写真)=(聯合ニュース)

 9月第1週のカカオトークのメッセージ送受信量は今年初めに比べ45%増加した。カカオトークのグループトークのメッセージ送受信量も6月最終週には今年初めより70%増えた。

 カカオ関係者は、新型コロナ流行により対面で会うことが難しくなったため、デジタルでコミュニケーションする人が増えたと説明している。

 非対面サービスが拡大する中、自宅で過ごす時間が増えたことで、人工知能(AI)機能を活用する人も急増した。5月第3週のAIアシスタント「ヘイカカオ」の利用者数は年初に比べ26%増加した。

 モバイル決済・送金サービス「カカオペイ」で冠婚葬祭の祝い金や香典などを送金する人も増えている。政府が先月下旬に防疫措置「社会的距離の確保」の第2段階引き上げを全国に拡大し、室内で50人以上が出席する行事などの開催を禁止したことを受け、同月第3週の祝い金送金利用量は前週の166.5%、香典送金利用量は35%それぞれ増加した。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。