Go to Contents Go to Navigation

首都圏以外でも防疫レベル維持必要 帰省自粛を再度要請=韓国首相

記事一覧 2020.09.20 16:28

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は20日の中央災難(災害)安全対策本部の会議で、新型コロナウイルスの防疫対策「社会的距離の確保」のレベルについて、首都圏以外の地域でも現行の第2段階措置を維持する必要があるとの認識を示した。

中央災難安全対策本部の会議の様子=20日、ソウル(聯合ニュース)

 丁首相は、このところ首都圏以外の地域でも新規感染者が1日平均20人前後確認されており、新たな集団感染や感染経路不明者も引き続き発生しているため、緊張を緩めることはできないと説明した。

 このため、首都圏以外の地域でも第2段階措置が延長される見通しだ。

 丁氏は秋夕(中秋節)の連休(9月30~10月4日)開始前まで1日当たりの新規感染者数を2桁台で抑えるとの目標を示し、国民に積極的な協力を呼び掛けた。

 また、秋夕連休中の移動や人が密集する場所の訪問の自粛を求め、今回の秋夕を「家族と共にする名節」ではなく「家族のための名節」にすべきだとして、帰省の自粛を重ねて促した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。