Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮対外宣伝メディア 韓米の対北連携を非難

記事一覧 2020.09.21 08:58

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮のインターネット対外宣伝メディア「メアリ」は21日、韓国と米国が先ごろ統合国防対話(KIDD)を開催して北朝鮮の核・ミサイル脅威に対する抑止力向上のための協力を確認したことに言及し、平和に向けた韓国の呼び掛けを「口密腹剣(口に蜜あり腹に剣あり)」「単なる欺瞞(ぎまん)」などと激しく非難した。

韓米は9日と11日にKIDDを開催した。11日の協議の様子(国防部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 メアリは韓米の「状況に合わせた抑止戦略」を指し、「ありもしない脅威を前面に掲げ、核兵器を含む軍事的な手段を総動員してわが共和国を先制攻撃する危険千万な北侵核戦争戦略」と主張。韓国の国防費増額と韓米合同演習も批判した上で、「南朝鮮(韓国)当局が朝鮮半島情勢悪化の状態を一層危うい方向に追い込む軍事的な妄動を続けるなら、過去の保守政権以上に悲惨な終末を免れない」と警告した。

 北朝鮮は前日にも宣伝メディアを通じ、韓米外交当局による実務協議体新設の検討に強く反発した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。