Go to Contents Go to Navigation

中秋節連休の高速道路有料 移動抑制効果巡り意見二分=韓国

記事一覧 2020.09.21 10:21

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が新型コロナウイルス対策として秋夕(中秋節)連休(9月30~10月4日)中の高速道路料金を免除しないことについて、移動抑制効果に対する見方が割れている。世論調査会社リアルメーターが21日に発表した世論調査結果によると、47.7%が「影響があるだろう」、49.9%が「影響はないだろう」と回答した。

秋夕連休には高速道路を利用して移動する人が多い(コラージュ)=(聯合ニュース)

 年代別にみると、影響があるという見方は70歳以上(57.0%)と40代(54.8%)で多く、影響なしとの回答は20代(67.7%)で優勢だった。

 調査はニュース専門テレビ局YTNの依頼を受け、18日に全国の有権者500人を対象に実施された。

 秋夕と旧正月の連休には帰省や旅行目的で大勢の人が高速道路を利用する。政府は2017年から両連休中に高速道路料金を免除してきたが、今年は感染拡大リスクを抑えるために移動の自粛を呼びかけ、秋夕連休中も有料にする。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。