Go to Contents Go to Navigation

韓国が高精度マシニングセンター国産化 現在は日本から輸入  

経済 2020.09.22 13:15

【大田聯合ニュース】韓国科学技術情報通信部所管の韓国機械研究院は22日、工作機械メーカーの斗山工作機械と共同で、工作機械のマシニングセンターの中でも特に高精度の加工が可能な機械を開発したと発表した。現在は全量を日本からの輸入に頼っているが、国産化に成功した。

開発した試作品(韓国機械研究院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 マシニングセンターは目的に合わせて切削工具を自動で交換する装置を備えている。韓国で開発されたマシニングセンターは最も精密な切削加工が可能で、工作機械向け精密部品や航空機エンジン・胴体の部品、動力伝達装置部品などの加工に用いられる。

 試作品は斗山工作機械に設置され、実証作業が進められている。機械研究院は、本格的に事業化する3年後には年間100億ウォン(約9億円)の売上高と4割程度の輸入代替効果を見込む。

加工作業の様子(韓国機械研究院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。