Go to Contents Go to Navigation

バッテリー技術の国際特許出願 サムスンが世界1位・LG3位

経済 2020.09.22 15:26

【ソウル聯合ニュース】欧州特許庁(EPO)と国際エネルギー機関(IEA)は22日、バッテリー(電池)技術に関する国際特許の出願ランキングで韓国のサムスンとLGが世界1位と3位を記録したとする共同研究結果を発表した。

バッテリー技術に関する特許の出願ランキング(EPO提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 それによると、2000年から18年にかけ、サムスンはバッテリー技術分野で計4787件の特許を出願し、世界トップ。日本のパナソニックが4046件、LGが2999件と続いた。

 国別に見ると、韓国は00~18年に世界で出願されたバッテリー技術特許のうち17.4%を占め、日本に次いで2位となった。

tnak51@yna.co.kr

最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。