Go to Contents Go to Navigation

韓国首相 職員のコロナ感染で検査も陰性=業務再開

記事一覧 2020.09.22 19:10

【ソウル聯合ニュース】韓国の国務総理室は22日、丁世均(チョン・セギュン)首相が新型コロナウイルスの検体検査を受け陰性と判定されたため、通常の業務に復帰すると発表した。

政府ソウル庁舎で開かれた閣議に出席する丁首相(中央)=22日、ソウル(聯合ニュース)

 丁首相はこの日午前、国務総理室の職員が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたことを受け、すべての日程を取り消して検体検査を受け、公邸で自主待機していた。

 国務総理室によると、丁首相は先週から同職員と接触していないものの、予防のために検査を受けたという。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。