Go to Contents Go to Navigation

韓国の現代・起亜自がAI技術強化へ MIT教授を諮問委員に 

記事一覧 2020.09.24 13:53

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と子会社の起亜自動車が、人工知能(AI)とロボット分野の名だたる専門家である米マサチューセッツ工科大学(MIT)教授を諮問委員に迎え、新事業戦略でアドバイスを受けていることが24日、分かった。「未来のクルマ」の開発競争に備えると同時に、持続可能な成長に向けた最先端技術開発で専門性を強化する狙いがあるとみられる。 

MITのトマソ・ポッジオ教授(現代、起亜提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
MITのダニエラ・ラス教授(現代、起亜提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現代によると、昨年下半期にMITのトマソ・ポッジオ教授(脳・認知科学科)を、今年上半期にはダニエラ・ラス教授(電気工学・コンピューター科学科)をそれぞれ諮問委員に迎えた。

 現代と起亜は自動車メーカーからスマートモビリティー企業への転換を図っている。AIを活用した車両の品質の向上、ロボティクス、スマートモビリティーソリューションなどさまざまな事業戦略に関し、両教授から助言を受けているという。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。