Go to Contents Go to Navigation

韓国国防相 男性銃殺に遺憾の意「許しがたい北の蛮行を糾弾」

記事一覧 2020.09.24 17:41

【ソウル聯合ニュース】韓国の徐旭(ソ・ウク)国防部長官は24日、北朝鮮に近い海域で行方不明となっていた韓国公務員の40代男性を北朝鮮軍が銃殺し、遺体を燃やした事件について「非武装の国民に銃撃を行うという許しがたい蛮行を働いた北を糾弾し、説明と責任者の処罰を求める」との立場を表明した。

国会国防委員会で答弁する徐氏=24日、ソウル(聯合ニュース)

 同日開かれた国会国防委員会の全体会議で事件に言及した。徐氏は韓国国民が銃殺されたことに遺憾の意を表した上で、再発防止のために努力すると述べた。

 公務員の男性は21日、北朝鮮に近い海域で漁業指導船乗船中に行方不明となり、22日午後に海上で漂流しているところを北朝鮮側船舶に発見された。北朝鮮軍は男性に銃撃を加え、海上で油をかけて遺体を燃やしたという。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。