Go to Contents Go to Navigation

韓国人男性の射殺 誰が命令?=北朝鮮海軍司令部に報告か

記事一覧 2020.09.25 11:14

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮に近い黄海上で行方不明になっていた韓国公務員の男性が北朝鮮側により射殺された後、遺体を燃やされた事件で、韓国国防部が「北の海軍司令部まで報告が上がったとみているが、誰が射殺を決めて命令したかは分からない」という趣旨の報告をしていたことが分かった。韓国国会国防委員会に所属する複数の議員が25日、国防部が前日に同委員会に非公開で報告した内容を伝えた。

行方不明になった男性が乗っていた海洋水産部の漁業指導船(仁川海洋警察署提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国防委員会の閔洪チョル(ミン・ホンチョル)委員長(与党「共に民主党」)はMBCラジオのインタビューで、「北の高速短艇が来て射撃したと(国防部から)報告を受けた」と述べた。国防部は「海軍の指揮系統でないだろうか」と報告したという。ただ、北朝鮮海軍の最高責任者である金明植(キム・ミョンシク)海軍司令官(大将)の名前は出なかった。

 閔氏は北朝鮮海軍司令部の上層部まで報告された可能性を排除するのは難しいという意味かと問われると、「排除できないということだ」と答えた。

 匿名を条件に聯合ニュースの電話取材に応じた国防委員は、「国防長官はとにかく事実だけを話そうと努めているように見えた」と伝えた。また、「常識的に考えて、一人の人間の生死がかかった問題を海軍で決定しただろうか。少なくとも平壌まで(報告が)上がっただろう」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。