Go to Contents Go to Navigation

韓国人射殺 金正恩氏に報告されず幹部が指示=韓国情報機関

政治 2020.09.25 18:02

【ソウル聯合ニュース】韓国公務員の男性を北朝鮮軍が射殺した事件について、韓国情報機関・国家情報院(国情院)の朴智元(パク・ジウォン)院長は25日の国会情報委員会で、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)に報告して指示を受けたものではないと判断すると明らかにした。同委員会は非公開で開かれ、複数の委員会関係者が伝えた。

国会情報委員会に出席する朴氏=25日、ソウル(聯合ニュース)

 関係者らによると、朴氏は「現地の司令官ら幹部の指示で動いたのではないかと判断する」と報告。「SI(傍受などによる特別取り扱い情報)にもそのようなこと(金委員長の指示)はなかった」と説明した。

 また、男性の遺体に関しては、「遺体が漂流している可能性がある」として、「北に遺体の捜索を求め、原因究明に協力するよう求める。わが政府でも遺体がこちら(韓国側の海域)に来る可能性があるため、積極的に捜索する」との方針を🅂示した。

 男性が北朝鮮入りする意思を表明したかどうかについては、「SIで本人が越北したという表現があり、国防部がそう報告した」とし、25日に北朝鮮が送ってきた通知文に関連内容がないとして、同日午後の国家安全保障会議(NSC)で分析を進める考えを示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。