Go to Contents Go to Navigation

韓国軍 北朝鮮の領海侵犯主張に「正常な活動」=射殺された男性捜索 

記事一覧 2020.09.27 13:22

 【ソウル聯合ニュース】韓国軍は27日、北朝鮮軍に射殺された韓国男性の遺体の捜索について、「わが軍は海上捜索活動を正常に行っている」との立場を発表した。

NLL付近で操業中の中国漁船(資料写真)=(聯合ニュース)

 軍関係者は「NLL(韓国が黄海上の南北の軍事境界線と位置づける北方限界線)付近で中国漁船数十隻が操業しており、これらを取り締まる活動も並行している」と述べた。

 これは軍当局がNLL以南の韓国側の海域で任務を遂行している意味と受け止められる。

 北朝鮮はこの日、「艦艇や船舶が捜索作戦とみられる行動に動員され、わが水域を侵犯している」と指摘し、北朝鮮の領海を侵犯する行為を即刻中止するよう求めた。

 黄海上の境界線を巡っては韓国側と北朝鮮側の主張が異なる。北朝鮮は1999年に一方的にNLLより南の境界線を宣言しており、これを侵犯したと主張しているとみられる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。