Go to Contents Go to Navigation

ユニクロアプリの利用者が昨年半減 不買運動の影響続く=韓国

記事一覧 2020.09.28 12:35

【ソウル聯合ニュース】日本による昨年の対韓輸出規制強化を受け、韓国で日本製品の不買運動が始まってからカジュアル衣料品店「ユニクロ」のアプリの利用者数がほぼ半減したことが28日、分かった。

ユニクロ(資料写真)=(聯合ニュース)

 アプリ分析などを手掛ける韓国のIGAワークスのデータ分析によると、ユニクロのアプリの月間利用者数は昨年1月に70万9000人を超えたが、同7月の対韓輸出規制強化後、翌8月~9月は30万人未満に急減した。11月に韓国進出15周年を記念し感謝セールを実施した際は68万8000人余りと回復するかのようにみえたが、今年に入り再び40万人前後に落ち込んだ。先月は39万人にとどまった。

 IGAワークスは「不買運動の影響が続いている」との見方を示した上で、15周年記念セールなど攻撃的なプロモーションにもかかわらず回復の勢いを失ったと分析した。

 ユニクロは先月、韓国内の9店舗を閉店した。昨年8月に187店だった店舗数は170店を割り込んだ。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。