Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 公開活動に占める軍事視察の割合増加=韓国野党議員

記事一覧 2020.10.02 07:10

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の今年の軍事視察の割合が2年前より3.5倍増加したことが確認された。国会外交統一委員会の金起ヒョン(キム・ギヒョン)議員(野党「国民の力」)が2日、統一部から提出を受けた資料を基に伝えた。

金起ヒョン氏(手前・資料写真)=(聯合ニュース)

 資料によると、金委員長は2018年に99回、19年に85回、今年に入って9月までに39回の公開活動を行った。このうち軍事視察は18年8回(8.1%)、19年25回(29.4%)、今年11回(28.2%)だった。 

 金議員は、公開活動は減っているものの、軍事視察の割合は増加傾向にあると分析した。

 また18年にはミサイル発射が1回もなかったが、19年には13回のミサイル発射と1回の海岸砲射撃があり、南北軍事合意(2018年)に違反する可能性のある行為が計14回あった。

 今年は3月だけで4回、ミサイルと推定される飛翔(ひしょう)体の発射があった。

 北朝鮮は6月、開城の南北共同連絡事務所を爆破した後、朝鮮人民軍総参謀部名義で、軍事分野合意の破棄を宣言した状態だ。

 金議員は「北の相次ぐ挑発は明白な軍事合意違反」とし、不完全な形で朝鮮戦争の終戦宣言をするよりも、北朝鮮の軍事動向を綿密に監視し、対応態勢を強化しなければならないと指摘した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。