Go to Contents Go to Navigation

韓国と日本 ビジネス関係者の入国制限緩和で事実上合意

記事一覧 2020.10.04 10:37

【ソウル聯合ニュース】韓国と日本が今月中にビジネス関係者に限り入国制限措置を緩和することで事実上合意したことが4日、分かった。現在、文言を調整しているという。複数の外交消息筋が明らかにした。3月初旬、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため日本が実施した韓国からの入国制限により途絶えた両国の人的交流が一部再開され、経済交流も回復する見通しとなった。

韓国と日本の国旗(資料写真)=(聯合ニュース)

 両国政府は今週初めにも具体的な合意内容を公開するとみられる。

 両国はビジネス関係者の人数を制限して入国を認め、徐々に拡大していく方向で合意したとされる。出張者の場合、出国前に受けた新型コロナウイルス検査で陰性を証明する確認書や滞在場所に関する書類などを提出し、相手国に到着後の検査で陰性が判明すれば2週間の自主隔離が免除される方式になるもようだ。

 ただ、現在も新型コロナウイルスの感染者が出ていることを踏まえ、観光客の往来は対象から除外したとされる。

 両国の政府は7月末から非対面で交渉を進めてきた。

 今回の措置が菅義偉内閣の発足に合わせ、両国関係改善のきっかけになるか注目される。ただ、経済的な必要性によるもので、政治的な関係に与える影響は限定的との見方もある。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。