Go to Contents Go to Navigation

韓国の4~6月期成長率 OECD加盟国など38カ国中2位

記事一覧 2020.10.04 16:36

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、韓国の4~6月期の経済成長率が前期比で3%以上落ち込んだが、経済協力開発機構(OECD)加盟国など主要国のうち中国に次いで2番目に高かったことが4日、分かった。

韓国の4~6月期の実質GDP成長率は中国に次いで2番目に高かった(イラスト)=(聯合ニュース)

 韓国銀行(中央銀行)が、OECD加盟国のうちリトアニア、コロンビアを除く35カ国と中国、ロシア、インドネシアの4~6月期の実質国内総生産(GDP)成長率(前期比)を調査した結果、韓国(マイナス3.2%)はロシアとともに中国(11.5%)に続き2番目に高かった。次いでフィンランド(マイナス4.4%)、ノルウェー(マイナス5.1%)、エストニア(マイナス5.6%)、アイルランド(マイナス6.1%)、ラトビア(マイナス6.5%)、インドネシア(マイナス6.9%)、デンマーク(マイナス6.9%)などの順。日本(マイナス7.9%)は13位、米国(マイナス9.1%)は21位、ドイツ(マイナス9.7%)は24位。最下位は英国(マイナス20.4%)だった。

 韓国は1~3月期(マイナス1.2%)の12位から10ランク上昇した。このように今年上半期の韓国経済は新型コロナウイルスの衝撃にもかかわらず相対的に落ち込みが大きくなかったが、8月中旬以降に感染が再拡大し、感染拡大防止のための「社会的距離の確保」措置が強化され、7~9月期以降は楽観視できない状況だ。

 秋夕(中秋節)連休(9月30日~10月4日)後に感染拡大のスピードが増し、社会的距離確保のレベルが最高の第3段階に引き上げられた場合はさらなる状況悪化が懸念される。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。